2013年6月29日土曜日

糸 までのアクセス

まだまだ迷子になる方もたくさんいらっしゃるので、再度場所のご案内です。


「紅茶と食と台所  糸」

住所  千葉県印西市草深2484-6

まだ新しい土地なので車のナビに、番地を入力しても辿り着けないみたいです。

Googlemapで、「紅茶と食と台所  糸」と入力すると、お店までナビしてくれるように登録しました。
ぜひご利用ください。

電話   0476-37-3022
(営業時間以外は繋がらない可能性があります。)

………

初めていらっしゃる方は、464号線を成田方面にジョイフル本田のガソリンスタンドとヤマダ電機の間にある信号を右折します。
反対に新鎌ヶ谷方面へ走っていらっしゃった方はBIGHOPとカワチの間にある信号を左折します。

そのまましばらく直進。
スーパーKASUMI、ミニストップのある「松崎工業団地入口」の交差点を通過すると、京葉アカデミーという塾がみえます。
それを通過してすぐの小さな十字路を左折。
平屋のこじか保育園の手前の十字路です。

ビニールハウスの野菜の直売所を過ぎてすぐの、カーブミラーのある小さな十字路を右折。
新しい住宅街や畑が続く道をしばらーくまっすぐ、つきあたり手前右側の正面が縦の板貼りの横長の建物がお店です。
しばらくは看板もありませんが…よろしくお願いします。

駐車場は、お店の手前の砂利にとめてください。
満車の場合は、スタッフにお声がけください。

まわりはとっても静かな住宅地です。
近隣の方へご迷惑になるような駐車をされたり、大きな声でお話になることはご遠慮くださいませ。

おまちしています。


2013年6月27日木曜日

紅茶と食と台所 糸 のメニュー

メニューは、紅茶と軽食とおやつ。

紅茶のお店なので、珈琲はありません。
あ、でも、おちついたらやります。
珈琲も、とてもすきです。
でも、まずは紅茶をたくさんの方にのんでいただきたいのです。
カフェインが苦手な方には自家製梅シロップのソーダ割などをご用意しています。


軽食はプレートで1種類の予定です。
サンドやパンベルデュ・サレを中心に、福岡「リバーワイルド」のいちご豚ソーセージや、高松の農家さんから送っていただいている有機無農薬のお野菜たちを添えて。
パンベルデュなどに使う卵は、福岡「ゆむたファーム」のほんとうにおいしい卵を使用します。

おやつは、季節のトライフルや、ワッフルを只今試作中。

糸は、朝10:30開店。
12時前後にオープンするカフェが多い中、少し早めのスタートなのはメニューのコンセプトのひとつが、

「ていねいな朝ごはん」

というテーマでメニューを考えているからなのです。
ふだん、平日の朝ごはんって、とにかく時間に追われてバタバタとすませてしまうことが多くありませんか。

自分へのご褒美に、朝のヒトヤスミの時間を、糸で過ごしていただけたら、とてもとても嬉しいです。
オープン時間はいずれもっと早くできるようになって、モーニングやってるお店ってくらいになれたらいいなー。

糸は、レストランでもランチやさんでもなくて喫茶室なので、あくまで最初は簡単な軽食メニューではありますが、素材のひとつひとつにはこだわりをもってお出しできるメニューを考えてゆきたいとおもいます。

プレオープンが落ち着いたら、時々、あさごはんの会みたいなの、できたらいいなー。
ラジオ体操からはじまってね、みんなでたまごかけごはん食べる…とか?
いひひ。


再プレオープンのお知らせ

パンパカパーン。
大変おまたせしました。
プレオープンの日程について、やっとお知らせできることになりました。

2013年7月3日 すいようび。
10:30  OPEN
16:00  CLOSE
(メニュー売り切れの際にはCLOSEが早まる可能性もございます。)

……
プレオープンの間は、喫茶のみの予定でしたが、みなさまに大変ご迷惑おかけしたお詫び…とも考えて、急遽、軽食メニューもだせるようにしようと、ただいま準備中です。
プレオープンの間は、まだ不慣れなことも多く、オーダーを提供するまでに時間がかかってしまうこともあるかとおもいます。
なるべくスムーズにお出しできるよう努めてまいりますが、どうぞ温かく見守っていただければと思います。



その後の予定。

7月4日 10:30-16:00
7月5日 10:30-16:00
7月6日7日  CLOSE

7月8日からしばらくは土日+時々お休みの予定です。

どうぞよろしくお願いします。




2013年6月20日木曜日

糸ちゃん


おまたせしております、プレオープンですが、来週になりましたら何かしらのご報告ができるかな、というような状況です。

………

さて、ぱっつんぱっつんだったスケジュールに仕方なくできてしまったこの空白の時間。
とはいえ、やることはまだまだ盛りだくさんなのですが、ヒトヤスミしてちょっとおはなしでも。


このおでこにごはん粒つけてる女子はうたぽですが、この子がまだ私のお腹でまめ粒くらい、ちぃちゃかった頃はいくつか名前の候補がありました。

第一子だったので、早く性別も知りたかったのだけど結局8ヶ月の終わり頃まで全くわからない状態…。
どちらが生まれても大丈夫な名前ということでいまの名がついたのです。

で、つよしくんはうーんって乗り気じゃなかったけど、わたしのなかでは第二希望だったのが、“糸”。
画数的にも苗字との兼ね合いで第二子ができて女の子だったとしても、この名前はきっと使われないだろうなー、でも、いろんな想いがあるんだよなー…

ということで、お店の名前になったわけです。
糸ちゃんはうたぽの妹ってことになるのかな。

赤い糸、運命の糸、縦の糸、横の糸。

ここまでたっくさんの糸でつながってこのお店ができたんだ。

糸ちゃんをよろしくです。

2013年6月13日木曜日

ご報告とお詫び

前回の日記であんなに鼻息あらく18日プレオープンと意気込んでおりましたが…。

本当にみなさん、ごめんなさいのご報告です。

お店のお水、井戸水なのですが紅茶にあうお水にするために軟水機と滅菌器を導入しました。

滅菌器はお店をやるにあたって保健所から必ず取り付けてくださいね、と。
正直、紅茶の香りにも味にも影響を与えてしまうものなので極力使いたくはないのですが、こればかりはお店を始めるには避けては通れず。

水道水がカルキ臭い、とかってよく聞きますよね、あれと同じです。
なので水道でも井戸でもこの地でお店を始めるにはそこらへんと向き合わなくてはならないのです。

これが思った以上に大変、骨の折れる調整作業でして。
数日に一回は担当の方に来ていただいて調整してみたりテストしてみたり、飲んでみたり、沸かしてみたり。

なんとか18日にはみなさんにも、

おいしい!!

といってもらえる状態で紅茶を飲んで頂きたかったのですが…。

まだまだしばらくは納得いくお水の状態でなく…。
それはいろんな数値もだし、味も。

聞いた話では2年前のあの大きな地震で地層や水脈に変化があって、いままでなんともなかったお水が急に濁ったり、検出されていなかったミネラルが混ざったりするようになってしまったみたいです。

たのしみにしていただいたみなさまには本当に申し訳ないのですが、もうしばらく、オープンを延期させていただくことにしました。

これは、本当に苦渋の決断でした。
おおげさでもなんでもなく。
本当にドキドキわくわく準備をしていたし、あちこちから18日にいくよ、と温かいお言葉もいただいていましたし。

でも、そんな愛おしいみなさんに、納得いかない紅茶を召し上がっていただきたくはないのです。
それは、私も後悔すると思うし、みんなをがっかりさせてしまうことにもなると思います。
ここまでたくさんの支えがあって辿りついたスタート地点です。
恩返ししたい気持ちでいっぱいなのです。

その上、オープン延期だなんて、どこまでわがまま店主なんだろうと、そうも思いましたが、どうぞどうぞ、ご理解いただけたらありがたいなと思っています。

なんとか6月中にはオープンできるようにがんばります。

もうしばらく。
本当にあともうちょっとだけ。
時間をください。

どうぞどうぞよろしくお願いします。

また、お友達などで、糸のオープンを知っている方がいたら、お手数ですがこの、日記をシェアしていただけたら嬉しいです。


正式なオープンは、後日また、こちらにUPさせていただきます。

………

今年はおいしい梅の仕込みができました。

2013年6月9日日曜日

準備

プレオープンまであと1週間ちょっと。

はい、誰がどうみてもかなり強引な幕開けとなるでしょう。

でも、まぁ、開けてしまえばあとは進むしかないのです。

えいえい、おーー!

です。

たくさんの方が、

遊びにいくよ
たのしみにしてるよ

と、言ってくださっていて
でも、これでもかなりノミの心臓タイプですから、ひとりになると悪い風にばかり考えちゃったり、関係ない怖い夢を立て続けにみちゃったりするのです。

それでも なにがなんでも

18日11時に、プレですがオープンしますよ。

プレですがね。
プレですからね。

プレってなんだろうね。

そのへんはまた別のおはなし。

写真は今日のうたさん。
完全に遠足帰りのくたくた、の図ですが
ジョイフルに買い物に行った後、寝ちゃっただけ、が正解です。


にわのわ おまけ

実は、にわのわ2日目の朝の搬入の時間。

郵便屋さんが到着するなり、ハガキの束を渡したわたくし。

『これ、お願いします!じゃあ仕事戻ります!』

と、嵐のように去った私に、きっと郵便局の方々、ぽかーん、だっただろなー。

でもしっかり、届いて欲しい方々に届いてよかった。

木下綾乃さんのこの日限りの小型印。
土曜日にいらしていた綾乃さんにお会いできなかったことが悔やまれるー。



にわのわ ありがとう

2013ねんのにわのわ、無事に終了してから早1週間。

昨年に引き続き、にわのわ痛やら、にわのわ病やら、にわのわ後遺症やら、みんなそれぞれの余韻の中にいるようです。

2012年はプレ開催。
ほんっとうに誰も何もわからない状態からなんとか立ち上げて、とりあえずやってみよーう!という1日限りの開催で5000人ほど来場していただきました。

なので、実質今年が第一回目のにわの本開催。
昨年は、台風がダブルで追いかけてきたのですが、今年は記録に残る早さの入梅。

しかも開催日の週間天気予報はずっと雨マーク。

がっ。
晴れました。
神さま
仏さま
にわのわさま。

ありがとうございます。

今年は公募で選ばれたクラフト作家のみなさんの作品も、実行委員の私たちはゆっくり見ることもできず…、今回誰よりもお客さんとして、にわのわを楽しみたかったのは実行委員たちだったかも…しれませんね。
そのぐらい、圧巻の展示だったと思います。

私は、フードチームの出店のみなさんたちをお手伝いする係りだったわけですが、
昨年は渋滞問題と並ぶ大問題だったのが、フードの売り切れ続出問題だったので、なんとかそれはクリアしたいと、大幅に出店数を増やして対応させていただきました。


土曜日は晴れ予報に変わったため、出店者さんたちのご協力で最後まで販売することができたのですが、日曜日は前日夜までくもり予報ながら、降水確率は70パーセントのまま。
仕込みの数は当然減らさざるを得なかったのだろうとおもいます。
それでも曇りマークに賭けて、早朝から沢山作って持ってきてくださった方が多数。

また、当日は70パーセントの雨予報どころか、ピカピカの晴天!
本当ににわのわは、ツイているなー。
奇跡の二日間でした。

51号線の渋滞はなかったものの、バスでのピストン輸送や、当日の案内など、今年も沢山の課題が残りました。
クラフトフェアの在り方そのものについても、もう一度立ち返る必要もあるのかもしれません。
近々、反省会もありますので、お気づきがあった方はぜひにわのわHPから、ご意見おまちしております。

入場料を払って、
遠くの駐車場から移動してくれたり、
電車を乗り継いできてくれたり、

そうして本当にものすごく沢山の方に第一回目のにわのわへご来場いただけたことはとても嬉しく思います。
本当にありがとうございました。

また、今年もものすごくあたたかでやさしいボランティアのみなさんの支えがありました。
身体も心もへとへとになったでしょう。
でも、きっと来年もみなさんの力がなくてはにわのわは立ち上がれないでしょう。
今年、あのTシャツを着た方々の勇姿をみて、ぜひ自分も来年は!という方がいらっしゃったら、にわのわホームページへご連絡くださいね。
私たちはいつでもウェルカムです。

あの川村記念美術館のロケーションは、ずるいくらいにわのわにマッチしている!と、誰かが言ってくれました。
本当にそう思います。
美術館スタッフの方々の縁の下のお力、ご協力にも本当に感謝しております。

最後に、飲食で出店してくださったみなさん、スタッフのみなさん、フードチームのお手伝いを助けてくれた友人たち、にわのわをあちこちに宣伝してくださったみなさん、そして実行委員のみんな、

本当にありがとうありがとう!
おつかれさまでした。


2013年6月1日土曜日

あしたあさっては「にわのわ」

みなさま、公共機関を使ってきた方がきっときっとよいですよ、にわのわ。

電車降りてロータリーから、増便したバスが美術館までぴゅーんと運んでくれます。
去年はバスさえ乗れなかったのも、できる限り増やしました。
タクシーあいのりして、にわのわくわくを車内で高めるのもありです。
あいのりで割り勘ならそんなに高くないかな。

でもどうしてもお車がよい方、美術館の駐車場は明日あさってはとめられませんよー。
ご注意くださいね。
すこーし離れた工業団地のTOTOと、めいらくの駐車場に停めて、そこからシャトルバスです。

食べ物、今年はすこし増えました。
中には300食つくる!っていまも仕込み頑張っているお店も!!


ぜひぜひいっしょに
にわのわくわく
しましょうね。